美濃まつり 作業場はもう春 花みこしの花染め最盛期(毎日新聞)

 岐阜県美濃市の「美濃まつり」(4月10、11日)で街を練り歩く「花みこし」の花にする和紙をピンク色に染める作業が同市上条の「双葉紙業」で最盛期を迎えている。染められた和紙は作業場いっぱいにつり下げられ、一足早く春の雰囲気が漂っている。

【祭り写真特集】飛び散る汗 熱い魂がたぎる 日本の祭り

 縦12センチ、横9センチの和紙の四隅に桃色の染料を染み込ませ、中心部だけ白く残す。3月中ごろまでに約400万枚を染め上げ、まつりでは、約30基の花みこしが江戸の風情を残す「うだつの上がる町並み」を勇壮に進む。【宮田正和】

【関連ニュース】
【祭り写真特集】ゆるキャラまつり:130体が「ひこにゃん」の彦根に大集合!海外からも初参加
【祭り写真特集】裸の男が麻袋で作られた袋を奪い合うあの「蘇民祭」の熱い模様
【祭り写真特集】節分おばけ祭:京都の祭りを現代風に 直江兼続コスプレ武者 ゆるキャラが新宿行進
【祭り写真特集】横浜開港祭:ブルーインパルス 華麗に舞う

インフル行動計画検証へ 強毒性への備え構築(産経新聞)
ゼネコントップ聴取 胆沢ダム受注時の社長ら(産経新聞)
九州 2期連続据え置き 10−12月期景気判断 「持ち直し続く」(西日本新聞)
<団地の地盤沈下>愛知県の責任認めず 名古屋高裁(毎日新聞)
<お別れ会>浅川マキさん=3月4日、東京・新宿ピットイン(毎日新聞)
[PR]
by fn9pwb93dm | 2010-02-06 07:10


<< ホテルで女性殺害、通報の65歳... <詐欺>預保機構や財務省との関... >>