<片山清司さん>十世片山九郎右衛門を襲名へ(毎日新聞)

 能楽シテ方観世流の人間国宝、片山幽雪さん(79)の長男清司さん(45)が来年1月1日、十世片山九郎右衛門を襲名することが16日、明らかになった。

 京都市内であった幽雪さんの文化功労者顕彰を祝う会の席上で発表された。「九郎右衛門」は江戸時代から続く京都の能の名門、片山家の当主の名前。幽雪さんが昨年末まで九世を継いでいたが、観世流宗家から贈られた「幽雪」を今年から名乗っていた。清司さんは気鋭のシテ方として将来を担うホープ。芸術祭新人賞などを受賞。

【関連ニュース】
狂言:250人が堪能 ミッドランド3周年で
訃報:河村禎二さん86歳=能楽シテ方観世流職分
訃報:仙田理芳さん71歳=能楽師、金春流シテ方
訃報:仙田理芳さん 71歳=能楽師、金春流シテ方
遊ナビ:能 /東京

公・共の賛成ありがたい=子ども手当法案の衆院通過−鳩山首相(時事通信)
「空飛ぶ首相官邸」政府専用機はペアで飛行(読売新聞)
<3人死亡事故>センターラインはみ出た可能性 名古屋(毎日新聞)
参院選に進退懸ける=「勝つか負けるか正念場」−自民・谷垣氏(時事通信)
離党の鳩山邦夫氏「自分が政界再編の接着剤に」(読売新聞)
[PR]
# by fn9pwb93dm | 2010-03-20 14:43

「CO2ゼロ」摂津市駅開業(産経新聞)

 阪急京都線の正雀−南茨木駅間の新駅「摂津市駅」の開業と駅前広場完成を祝う式典が13日、同駅などで開かれた。

 省エネ設備の導入などで、二酸化炭素(CO2)の排出量を「実質ゼロ」にした鉄道駅としては国内で初めての駅で、14日から開業する。

 「エコではじまる新しい駅」がキャッチフレーズ。駅舎の屋根に太陽光パネルを設置し使用電力の約30%を発電するほか、コンコースの照明を発光ダイオード(LED)にするなど工夫し、CO2の年間排出量を約半分削減。残り半分は兵庫県森林組合連合会が植林などで実現した排出削減分を「購入」の形で資金援助し、駅全体の排出量を差し引きゼロにした。

 阪急電鉄は摂津市駅の乗降客数を1日、約1万2千人と見込んでいる。

<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
30代女性の財布に負ける諭吉1枚 会社員の懐具合 民間調査(産経新聞)
「首相は劉邦」と前原国交相 (産経新聞)
消費税争点に衆院選も=行政刷新相(時事通信)
「北陸」と「能登」にお別れ、「撮り鉄」集合(読売新聞)
[PR]
# by fn9pwb93dm | 2010-03-18 18:23

<ケニア人元留学生>在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手(毎日新聞)

 2008年の全国高校駅伝で優勝した私立豊川高校(愛知県豊川市)女子駅伝部のメンバーで、その後同校を退学、行方不明になっていたケニアからの元留学生、ワイセラ・ワイリムさん(18)が、在留特別許可を求めて名古屋入国管理局に出頭したことがわかった。支援者によると、ワイリムさんは「復学して高校卒業の資格を取り、将来は日本で陸上競技を続けたい」と訴えているという。

 ワイリムさんは07年に来日し豊川高に入学。主力選手として翌年の全国高校駅伝初優勝に貢献した。しかし09年3月、「出席日数が足りない」として退学処分を受けた。

 仕事先のケニア人から相談を受けた同県蟹江町の中古車販売業、服部彦三さん(81)がワイリムさんを支援、自宅周辺でトレーニングも続けていた。身元引き受けを明確にするため昨年9月には養子縁組もした。

 就学ビザによる在留期限は昨年9月に切れており、ワイリムさんは今年2月9日、在留特別許可を求め名古屋入管局に出頭し、その場で収容された。現在、同入管で審査中。【黒尾透】

【関連ニュース】
雑記帳:駅伝全国制覇の世羅高陸上部が切手に 広島
都道府県女子駅伝:岡山が初優勝 6連覇狙った京都は3位
駅伝:「阿久根市長旗」、強豪校が出場辞退
ふるさと功労賞:庄原市、駅伝優勝の世羅高生ら表彰 文化1人とスポーツ5人 /広島
名張青蓮寺湖駅伝競走大会:54チーム419人が力走 /三重

「プライド守るため私たちの命を利用」被害女性が加藤被告を非難(産経新聞)
<文京区長育休>ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
トランス社架空増資、鬼頭被告も逮捕(産経新聞)
東京大空襲 65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」(毎日新聞)
<芸術選奨>坂本龍一さんらに文部科学大臣賞 09年度受賞(毎日新聞)
[PR]
# by fn9pwb93dm | 2010-03-17 03:26

<行政刷新会議>民間議員に吉川広和氏 稲盛和夫氏の後任で(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は9日の閣議後会見で、政府の行政刷新会議の民間議員として、吉川広和DOWAホールディングス会長(67)を充てる人事を正式発表した。京セラ名誉会長で日本航空会長の稲盛和夫氏が、民間議員を辞任したのに伴うもの。11日付で就任する。枝野氏は「過去のしがらみにとらわれずに破壊的改革に取り組み、業績の大幅な回復を実現した。改革を阻むさまざまな壁を壊すために会社風土の改革にも強いリーダーシップを持って取り組まれた」と吉川氏を評価した。【影山哲也】

【関連ニュース】
行政刷新会議:民間議員に吉川広和氏内定
内閣特別顧問:稲盛和夫氏に辞令
内閣特別顧問:日本航空会長の稲盛和夫氏を任命…政府
日航:「社員に危機感ない」稲盛会長がリストラ強調
稲盛和夫氏:日航再建担う無給の会長 既得権を嫌う

<コンテナ新法>積み荷情報通知義務付け トレーラー事故で(毎日新聞)
<掘り出しニュース>スリッパ卓球、100人がラリー(毎日新聞)
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡(医療介護CBニュース)
日本音コン 受賞者が東京で発表演奏会(毎日新聞)
氷河湖拡大、定説に風穴? 京大院生「温暖化」覆す故郷ネパール命がけ調査(産経新聞)
[PR]
# by fn9pwb93dm | 2010-03-13 01:18

雨の啓蟄、飛来する春…チョウ乱舞(読売新聞)

 首都圏は6日午前、雨模様のぐずついた天気となった。東京都足立区保木間の区生物園では、オオゴマダラ、リュウキュウアサギマダラなど15種類約600匹のチョウが室温20度以上の温室内を飛び回り、一足早い春を迎えている。

 同生物園は、4月から米オハイオ州・シンシナティのクローン植物園で開催される「日本のチョウ」をテーマにした「バタフライショー」に、オオムラサキ、オオゴマダラなど5種類のチョウを出展する予定。

 6日は啓蟄(けいちつ)。

消えた厚生年金の救済、新法は当面見送り(産経新聞)
豪警察SS船捜索 岡田外相「理解し、行動に移してくれた」(産経新聞)
設備投資、17.3%減=10〜12月期の法人企業統計−財務省(時事通信)
「事故で子供けが」 保険金詐欺で男女11人逮捕(産経新聞)
<全日空>女性の副操縦士や整備士らでひなまつりフライト(毎日新聞)
[PR]
# by fn9pwb93dm | 2010-03-11 03:18